私達の生活を支える縁の下の力持ち

μ(ミクロン)単位で検知し加工する精密工具

私達の生活はいろいろな物に支えられています。
テレビや冷蔵庫、電子レンジなどの家電製品、スマートフォンやタブレットに代表される通信機器、大きなものになると自動車など、本当に数えきれないほど様々なものがありますが。
それらはみな、製造メーカーにより長年にわたり研究開発され、一つ一つ正確に作られた様々な部品が工場で組み立てられ、故障や障害が起こらないよう検査され、そして出荷されます。
それぞれの工程で、人の手やそれに代わる機械たちによって形作られてきた結晶です。
工場の製造過程の様々な工程で使用される機械たちは、正確な寸法を感知し、動作を調整するため、高い精度を要求されます。
その為に非常にたくさんの微細な部品が複雑な構造で組み立てられた精密な機械となっています。

普段の生活ではなかなか目にする機会の無いこのような精密機械には様々な種類のものがあります。

2010年にドラマになって話題になった「下町ロケット」を見ていると、ロケットの一部の部品を作るため、非常に微細な単位までこだわった研究と試作、検査、そして製造についてが良くわかります。
物語を盛り上げるために大げさな表現の部分もあるとは思いますが、ものづくりの現場の最前線はドラマのような拘りをもって行われていることには違いはないでしょう。

こういった拘りの製品の製造を可能にしている精密機械たちについて、製造の工程に沿って「工具」「ロボット」「検査機器」に絞って調べてみました。



工場で活躍する精密機械たち

生活で使われている製品は様々な部品を組み立てることで形作られています。 それぞれの部品を寸分の狂いもなく正確に作り出している精密工具も、素材や部品の形状などにより様々ありますが、中で金属部品と半導体部品を加工する工具について注目してみました。

人間の代わりに働くロボットたち

工場で使用されるロボットは産業用ロボットと呼ばれ、日本工業規格(JIS)企画では3軸(「軸」は人間でいう関節のような部位)以上の自由度があり、プログラムにより自動制御可能なマニュピュレーション(物などを動かすこと)機能を持つと定義されています。

調査研究や製品検査に欠かせない検査機械

製品を開発するための研究の現場や、完成された製品を検査し、エラーの無い状態で出荷するためには様々な測定機械や検査機械が使用されます。 こちらも非常に細かな数値を求められることが多く、高い精度が要求されます。 代表的な測定機械、検査機械に注目しました。

▲ TOPへ